git管理ファイルを.gitignoreに追加してgit管理から外す

スポンサーリンク
【お知らせ】 英単語を画像イメージで楽に暗記できる辞書サイトを作りました。英語学習中の方は、ぜひご利用ください!
画像付き英語辞書 Imagict | 英単語をイメージで暗記
【開発記録】
英単語を画像イメージで暗記できる英語辞書サービスを作って公開しました

すでに git で管理されているファイルを .gitignore に追加して、git の管理下から外す手順です。対象のファイルを単純に .gitignore に追加するだけだと、git の管理対象から除外できない。

スポンサーリンク

対象のファイルを .gitignore に追加

まずは、すでに git 管理対象となっていて、git 管理から除外したいファイルを .gitignore に追加します。今回の例では、環境ごとの設定ファイルである config/environments/ 以下のファイルを git 管理対象から除外したかった。

.gitignore

ただし、すでにファイルが git 管理下となっている場合、上のように .gitignore に追加しただけですと git 管理下から外すことができません。

git ls-files コマンドで確認すると、まだ git の管理対象のままになっていることが分かる。

git rm –cached file-name する

git の管理対象から外すには、–cached オプションを付けて git rm する必要がある。

git rm コマンドで –cached オプションを付けると、対象のファイル自体を残したまま、git の管理対象から除外できます。ここで –cached オプションを付けないと、ファイル自体も削除してしまうので注意。

全ファイルに対しては、以下のようにやる。

が、ちょっと怖かったので、自分の場合は前述したファイル名を指定する方法で行いました。これで無事に git 管理対象から目的のファイルを外すことができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!