BackWPupでエラー ERROR: Dropbox API: (35)

スポンサーリンク
【お知らせ】 英単語を画像イメージで楽に暗記できる辞書サイトを作りました。英語学習中の方は、ぜひご利用ください!
画像付き英語辞書 Imagict | 英単語をイメージで暗記
【開発記録】
英単語を画像イメージで暗記できる英語辞書サービスを作って公開しました

WordPress のバックアップ用プラグインである BackWPup で、バックアップの保存先を Dropbox に指定して使っていたのですが、ログを眺めたところ表題のエラーが起こっていました。WordPress 本体と BackWPup のアップデート、および BackWPup の Dropbox 再認証を行うことで、正常な動作となるように修正できました。

スポンサーリンク

— 環境 —
WordPress 4.3.1(アップデート後)
BackWPup 3.2.0(アップデート後)

ERROR: Dropbox API: (35) のエラーログ

ログを確認したところ、handshake failure が記録されており、Dropbox の API 認証が上手く行なわれていないらしい。

Dropbox API 認証エラーの復旧手順

以下の手順で復旧できました。

1. WordPress アップデート
通常通りに WordPress をアップデート。

2. BackWPup アップデート
これも普通にプラグインのメニューから BackWPup をアップデート。

3. job を選択して To: Dropbox タブを開く
エラーが起こっている BackWPup のジョブを選択して、To: Dropbox タブを開きます。

4. Dropbox の認証を一旦削除
一旦「Delete Dropbox Authentication」をクリックして、Dropbox 認証を解除します。

Screen_Shot_2015-09-25_at_9_26_57

5. Dropbox API の再認証
以下のような画面になるので、「Get Dropbox App auth code」をクリック。

Screen_Shot_2015-09-25_at_9_28_25

Dropbox 内で「Apps/BackWPup」以外のフォルダにバックアップしたい場合は、下側の「Get full Dropbox auth code」をクリック。ただし、この場合は Dropbox 内にフルアクセスを許可することになることに注意です。

6. 認証用コードを入力
画面の指示に従って Dropbox の認証を進めます。最後に認証用コードが表示されるので、それを「Get Dropbox App auth code」左のフィールドに入力して保存(Save Change)。緑色で「Authenticated!」と再び表示されれば、Dropbox 認証の成功です。

7. run now で試しにバックアップ
その後、画面に表示される「run now」をクリックすると、バックアップが上手くいくかどうか試せます。

注意点としては、BackWPup のジョブを複数作っている場合、1つずつ Dropbox の再認証を行う必要がありました。以上で元通り上手く DropBox の認証が動作して、BackWPup によるバックアップも正常に行われるようになりました。

スポンサーリンク
WordPress は人気ナンバーワンのブログ・ウェブサイトの管理ツールです。PHP を使えればカスタマイズできるので、ぜひトライされてみてください。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!