Can’t get information about user clamav(clamdエラー)

スポンサーリンク
【お知らせ】 英単語を画像イメージで楽に暗記できる辞書サイトを作りました。英語学習中の方は、ぜひご利用ください!
画像付き英語辞書 Imagict | 英単語をイメージで暗記
【開発記録】
英単語を画像イメージで暗記できる英語辞書サービスを作って公開しました

CentOS サーバーにアンチウイルスソフトの ClamAV(Clam AntiVirus)をインストールしようとしたところ、表題のエラーに遭遇しました。ここのところ CentOS サーバーをいじる機会が多い。

アンチウイルスソフト Clam AntiVirus のインストールと設定 〜 CentOS6 | EasyRamble

— 環境 —
CentOS 6.5

スポンサーリンク

Can’t get information about user clamav エラー

ClamAV をインストール後に上記コマンドを実行して、clamd(ClamAV のデーモン)をスタートさせようとしたところでエラー発生。実際には Chef レシピを使って、プロビジョニング実行でサーバーを構成していました。

エラーメッセージから、clamav ユーザーが取得できないためにエラーが起きてるっぽい。実際にサーバーにログインして確認したところ、clamav ユーザーが存在しませんでした。

いろいろ調べて、clamd の設定ファイルを修正。

を以下に変更。

これで Can’t get information about user clamav のエラーは発生しなくなった。

LibClamAV Error: cl_load(): No such file or directory: /var/clamav エラー

次に clamd を restart させようとして別のエラーに遭遇。

こちらも実際には Chef プロビジョニング実行で発生。今度は /var/clamav がないと怒られている。

再び clamd.conf を修正します。

を以下に変更。

これで全てエラーが解決して、clamd を起動できました。

少々解決に手こずったのですが思い当たる原因としては… 先日 rpmforge リポジトリが使えなくなっているのを知りました。

RPMForge/RepoForge – This is a dead project. Not maintained. DO NOT USE.

AdditionalResources/Repositories – CentOS Wiki

それで、ClamAV のインストール先を rpmforge から epel に変更したのですが、その影響かな。あるいは ClamAV のバージョンアップで、設定ファイル(/etc/clamd.conf)が変更されていた等の影響かもしれません。以前作っていた Chef テンプレートの clamd.conf を使いましたので。

スポンサーリンク
サーバ構築研究会の CentOS 本は、昔からお世話になっています。Linux の教科書は Linux の基本を学ぶのにおすすめです。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!