Macの言語設定を英語に変更

英語の学習をさらに自然に生活の一部に取り込むため、また英語環境のほうが Mac の動作が速い!という噂を耳にしたため、メインマシン Macbook Air の言語設定を英語に変更しました。

iPhone はずっと英語環境で使ってる一方、Mac OS は iOS より複雑そうだから…とためらっていたのですけどね。分かんないことあれば英語でぐぐって調べればいいし、英語上達したいのにびびっててもしょうがないので思い切ってチェンジ!

スポンサーリンク

Mac 本体の言語を英語に変更

システム環境設定 → 言語とテキストから設定

1. リストを編集で、利用する言語を選択する。私の環境では日本語と英語(English)のみ選択してます。
2. English をドラッグして一番上に持ってきます。

以下の画像の状態になればOK。

スクリーンショット 2014-10-17 10.56.43

その後、システム終了して再起動、またはログアウト後に再ログイン。

Firefox の英語化

自分のメインブラウザは Firefox なのですが、Mac の言語設定を英語にしただけでは、Firefox のメニューは英語化しませんでした。Firefox は、各々言語でローカライズされたバージョンがインストールされるのが理由らしい。

ということで、一旦インストール済みの日本語版の Firefox をアンインストール。アンインストールは、普通に Finder → Applications から Firefox を選んで削除するだけ。その後、英語版(en-US)の Firefox をインストール。

Download Firefox — Free Web Browser — Mozilla

アドオンやブックマークなどもそのまま個人の設定が引き継がれるので、特に設定をやり直したりとかせずに大丈夫でした。

以上で、Mac の環境が全て英語になりました。まあ1ヶ月も使えば慣れると思います(多分)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!