Chefでサービス(デーモン)の稼働と停止をchkconfigで設定

今日の Chef のお題はこちら。必要なサービス(デーモン)の可動と不要なサービスの停止を、chkconfig コマンドを用いて設定します。

不要なパッケージのアンインストール・不要なサービスの停止 〜 CentOS6 | EasyRamble

スポンサーリンク

このエントリーは、CentOS サーバー設定用 Chef Cookbook/Recipe の目次 の一部です。

chkconfig を使ってサービスの稼働と停止を設定する Recipe

site-cookbooks/base_cookbook/recipes/chkconfig_services.rb

前半で必要なサービスで入ってなかったものをインストールし、chkconfig on の設定を行っています。後半は、不要なサービスの停止。

インストールしたパッケージを chkconfig on にする際の注意点として、サービス名が「パッケージ名 + d」(abrt → abrtd など)になるものもあるのでそこは注意しないといけません。

段々と Chef で本格運用できそうな環境が整ってきました。Recipe 書いて provisioning が一発で決まると、めっちゃ気持ちいいですね。

今のところ基本的にサードパーティの Cookbook は使わずに、自力で全部 Cookbook/Recipe を書いています。サードパーティ Cookbook はプラットフォーム差異吸収のための抽象化でコードの見通しが悪いのと、サーバーの運用という側面上ブラックボックス化されている部分をできるだけ少なくしたいですので。

各々サービス(デーモン)の詳細は、以下の参考リンクのページを参考にさせて頂きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!