レーシック手術後の8年経過の長期予後を報告

以前からレーシックはやばいという話は見聞きしてましたけど、消費者庁から公式に注意喚起のアナウンスがありました。

レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!(PDF)

実は私は2005年にレーシック手術を受けまして、視力は希望通りに回復し、以来8年間何の問題もなく過ごしています。私のケースでのレーシック経験を今日の日記で書こうと思います。術後8年経過していますので、レーシック経験者の中では、割と長期経過後の予後レポートになるかと思います。

スポンサーリンク

目次
・レーシックを受ける前と受けた後8年経った現在
・現在の状況なら受ける勇気が出ないだろう
・消費者不利な状況になっているのもお勧めしたくない理由の一つ
・もし受けるなら事前調査と費用で妥協しないことが絶対条件

角丸パンチ ~ glass

レーシックを受ける前と受けた後8年経った現在

レーシックを受けたきっかけは、友人の一人からレーシックで劇的に視力が回復して快適になったという話を聞いたから。私はレーシックを受ける前の視力が0.02〜0.03のド近眼 + ひどい乱視で、その友人の話がとても魅力的に聞こえました。当時の視力で裸眼ですと、見るもの全てがぼやけ二重三重に重なって見え、人の顔も2〜3メートル離れると識別できない、視力検査では一番上の大きいのも全く見えない状態でしたので。

学生時代から視力が悪く、部活・サークルでスポーツをしていたので、日中はコンタクトレンズ、夜自宅は眼鏡という生活を8年前までずっと送っていたのですけど、大変面倒くさい、かつお金もかかっていました。当時の私は、本当に自分の近視・乱視が嫌で、見えないことの不便さもさることながら、コンタクトや眼鏡に関わる毎日の生活の中での労力や時間の無駄を取り除きたかったのもある。

レーシック矯正後の私の現在の視力は両眼とも1.2前後で、手術後希望通りの視力を得られ、以降8年間視力の低下もありません。術後に景色を裸眼で鮮明に見られた時は感動したものです。ひどかった乱視も完全に治りました。過矯正やドライアイ、目が痛い、光が眩しい、暗所で見え辛いなど何らかの後遺症も今のところ全くありません。外見的にも私の眼を見てレーシックを受けたと気付く人は今まで皆無、外見の変化も全くなしです。その友人も私と同じく何も問題なく快適に過ごしています。

私の眼は平均より角膜が厚く、レーシック手術に適していると術前に説明を受けたので、そういう個別の事情もこの良好な予後につながっているのかもしれません。角膜が薄すぎる人は手術できないと断られていたらしいですし。コンタクトや眼鏡から解放されて8年間快適そのものなので、私の事例では私はレーシックに助けられました。

現在の状況なら受ける勇気が出ないだろう

ただし、昨今のレーシックによる後遺症の話などを聞くと、今現在私が、当時視力が悪かった時と同じ状況だったとして、もう一回受けるかと問われると、おそらく勇気が出ずに受けないだろうと思う。今考えてみると、私のケースは執刀医の腕と運が良かっただけかもしれませんし。本当にあの医師は腕が良かった。すごく感謝してます。

またもう一回レーシックを受けられるかと聞かれると、判断できにくい面もあります。なにしろ今は視力に関して何不自由ない生活を送れているので、視力が悪い者の当事者としての判断が正直難しい。8年も経つと視力が0.02〜0.03だった頃に不便だったな〜という記憶はあるけれど、不便さ・不快さの程度を明確に思い出すことが難しいんです。不便さを思い出すのと現在進行形で不便だと体験するのとでは、判断に違う影響を及ぼすと思いますし。

なので、個人的には現在はレーシックをお勧めしたくはないけれど、最終的には自分の視力での悩みの大きさと手術のリスク・費用などを考慮して、受けるか受けないか各自で決めるしかないと思う。当時の私は、近視と乱視が大きな悩みで、それでも視力を矯正したいと決心したわけですが。

消費者不利な状況になっているのもお勧めしたくない理由の一つ

ちょっと調べてみたら現在は、眼科だけでなく美容形成外科のクリニックなどもレーシック手術を行っていて、安いところは7万円〜とかの費用で驚きました。安い、安過ぎ。2005年私が受けた時の費用は30万円位かかりましたので。私が受けた当時2005年は、美容形成外科クリニックはレーシック施術を全く行っていなかったと記憶しています。

不謹慎かもしれないけど、今回の消費者庁の注意ニュースを見て、チェーン店化してまずくなった飲食店とか、そういうのを思い出してしまった。美容形成クリニックの事業者がレーシック手術をやってたりするのを見ると、儲かる業界にどっと事業者が流れ込んで、競争が起こり価格低下とともに質も低下してしまったんじゃないだろうか。いわゆる安かろう悪かろう的な。

こういう状況になってしまうと、消費者は事業者の良し悪しを見抜く眼力を求められるようになってしまう。ハズレを引いたら悲惨です。単価の安さを顧客の数の多さでカバーして、回転率を上げて運営しているクリニックはやばい気がします。

もし受けるなら事前調査と費用で妥協しないことが絶対条件

とはいえ、視力が悪い方がレーシックに頼りたくなるのはよく分かるので、もしレーシックを受けるのであれば、入念な事前調査と費用で妥協しないことが絶対条件かと思います。術前に説明会やカウンセリングなどを絶対に受けるべき。本当に良いクリニックで、優秀な医師に執刀してもらわないといけません。費用がいくらかかろうが。安かろうだけでは信頼しきれないでしょう。7万とか大丈夫なのかしら、と思う。もちろん高ければ万事OKということもないですが。

私の場合も、最初レーシックを受けた友人から直接話を聞いたとは言え、最初はやっぱり怪しいと思いました。当たり前です、10年以上苦しんできた近視・乱視がそんな簡単に治るのか?と。治るなら魔法だと思った。なので受ける前に自分でかなり調査しました。

レーシック執刀医の学歴・経歴や過去の施術数・経験年数、レーシックの術式、レーシック手術における契約や約款の内容、後遺症の可能性や後遺症が出た場合の対応、手術後の定期検査・アフターサポート、著名人の手術例など、気になることを徹底的に事前調査すべきと思います。

他にも1日の施術数、これまでの手術での失敗例、執刀医を指名できるか?、レーシック執刀医自身やクリニックのスタッフがレーシックを受けているか?など、自力調査で分からなければ、クリニックに直接問い合わせて100%完全に納得するのが絶対条件かと思う。質問に答えなかったり、回答に納得できないクリニックであれば信用できないからやめといたほうがいいです。

事前調査や問い合わせを行い、説明会やカウンセリングを受けた上で、この人なら自分の眼を任せてもいいと思えるほど信頼できる医師に、レーシック手術をしてもらうのが一番だと思います。なにせ眼は一生物、親からもらった大切な財産ですから。

ちなみに私が手術を受けたクリニックは、レーシック専門の眼科クリニックでした。自力での事前調査とクリニックに問い合わせて質問を納得いくまで行いました。また術前にクリニック主催の説明会とカウンセリングに参加し、そこでも色々と確認。私の担当の執刀医とスタッフで視力の悪かった方達が、そのクリニックでレーシックを既に受けて視力を回復しておられたことも信頼できるポイントでした。担当執刀医の方を100%信じて手術に臨むことができたので、恐怖はそれほどなかったように記憶している。

以上ですが、私からの注意喚起でした。レーシックはくれぐれも自己責任で。私個人的には、仮に現在、身内・友人から相談されたら、レーシックは受けないほうが良いとアドバイスするでしょうけどね。

スポンサーリンク
小さい子供が2人いる我が家では、加湿空気清浄機が毎日フル稼働しています。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)
  • 2件のコメント
  • はじめまして。興味深く記事を読みました。

    ひとつ気になったところがあります。安い手術は危ないということが書かれていますが、実際には7万円でレーシック手術は受けられません。美容系クリニックである品川近視クリニックとSBC新宿近視クリニックはHPに7万円の手術コースを載せていますが、どちらも実際には実施していません。客寄せパンダのコースなんですよね。

    安い値段につられてクリニックに来た人に目の検査をした後に、きれいなお姉さんが「あなたの目の状態じゃ上のコースでないと危ない」、「ローンが組めるから大丈夫よ。目は大事だから安心できるコースにしないと」と言ってきます。大半の男性、かなりの女性がこれに引っかかります。

    実際はSBCも品川も手術代は安くありません。品川の場合は熊本の九品寺アイクリニックよりも手術代がはるかに高くなっています。

    SBCについてはhttp://lasicvictim.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

    品川についてはhttp://lasiklove.hatenablog.com/entry/2014/06/30/203752
    の後半部分をお読みください。

    「安いところは危ない」というのは、レーシッククリニックが「高ければ安全」と患者に信じ込ませるためのウソ話にすぎません。レーシック難民の中で十万円以下の安いコースを受けた人は、私が知る限り一人もいません。

    • taka

      lasikloveさん、こんにちは。当ブログを書いてます taka です。
      なるほど…そういう裏事情があるのですね。私の周囲にはいわゆるレーシック難民と呼ばれる方がいないので、そういった話については詳しくありませんでした。初めて知りましたが、7万円の安いコースで客寄せして高い手術を受けさせるという手法は、悪徳とまでは言いませんが良心的ではありませんね。

      あと一点お願いなのですが、「単価の安さを顧客の数の多さでカバーして、回転率を上げて運営しているクリニックはやばい気がします。」とは書いてますが(そういうクリニックがもしあれば)、「安い手術は危ない」「高い手術だと安全」といったことは本文には書いてません。もしかすると、安くても安全なクリニック・手術はあるかもしれませんし。色々な事業者がレーシックに参入している現在だと、消費者の選択は難しいだろうなとは思います。

      コメントありがとうございました!

Leave Your Message!