抽象的な意味を持つ英単語(抽象語)の暗記方法

【お知らせ】 英単語を画像イメージで楽に暗記できる辞書サイトを作りました。ぜひご利用くださいね! 英和・和英・英英辞典 Imagict - 画像・写真付きで英単語を暗記
 

今日のエントリーは、英単語のうち抽象的な意味を持つ英単語(抽象語)の暗記方法を一つ紹介します。

その前に先日公開しました、Imagict について少し。Imagict は単語の意味を関連画像とともに調べられる辞書なのですが、自分を一番のユーザーとして想定して作成した辞書サービスです。公開後は新たに見つかったバグ修正と、ご要望の採用&実装を行っていました。少しずつユーザーの方も増えてきているので嬉しい。

Imagict のご利用方法と絡めながら、Imagict が不得意とする抽象単語の関連画像についてと、抽象単語の暗記方法について少し紹介します。先日のエントリー(get steamed up ほか今週の英語フレーズと英単語 | EasyRamble)で少し触れた話題の続きです。

スポンサーリンク

具体的な意味を持つ単語はいきなり画像イメージで意味が浮かんでくるようになる

ある程度の期間、Imagict の「本日の復習」を使い続けると実感できるのですが、意味にぴったりの画像がある具体的な意味を持つ単語(具象語)であれば、その単語の意味として、いきなり画像によるイメージのほうが頭に浮かんでくるようになります。

これは単語の意味を直感で瞬時に理解するのに最適な状態です。リーディング・リスニングにおいて、英語→日本語への翻訳工程が生じないので、理解スピードがはるかに上昇します。普通に日本語を理解するのと同じ状態で、英単語の意味を理解できる感覚になります。

抽象語の暗記は画像イメージ以外の方法も有効

ただし Imagict にも弱点はありまして、抽象的な意味を持つ単語は、意味にぴったりの画像が見つからない場合も多いです。Bingo機能(単語の意味にぴったりの画像に投票する機能)があるので、それによる改善を期待してはいますが、そもそも抽象語については元々イメージしにくい単語が多いですので、画像で覚えるというメソッドがあまり有効ではありません。

日本語の単語でも、抽象語はイメージ浮かびにくいですよね。名詞の例で言いますと…

具象語の例: 船、本、トマト、扇風機、自転車、コップ… などいわゆるモノの名前
抽象語の例: 関係、概念、性格、真実、条件、推測… など

たぶん抽象語の例のほうが、頭に画像イメージをぱっと思い浮かべるのが難しいと思います。

なので Imagict ご利用上、抽象語でぴったりの意味の画像が見つからず、単語の意味を画像イメージで覚える方法が難しい場合は、他の暗記メソッドを取り入れたほうが効果的です。

接頭辞・接尾辞・語幹を利用した暗記方法

抽象語に対しての代替となる暗記メソッドとしては、英単語の接頭辞・接尾辞・語幹を利用して単語の意味を推測しつつ覚えるという方法があります。

これは、「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」という本に書いてある方法です。

その該当箇所を、引用して例を出しておきます。

たとえば、「conclude / exclude / include / preclude」に含まれる「-clude」は「閉じる」を意味する語幹が元になっています。それぞれの接頭辞との組み合わせで意味をつくっているわけですね。

con + clude → con(完全に)閉じる → 結論づける
ex + clude → ex(外に)閉じる → 締め出す
in + clude → in(中に)閉じる → 含む
pre + clude → pre(前に)閉じる → 予防的に排除する

世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法

おそらく他の英語学習関連の書籍でも、多く語られている方法でしょう。

上述の例では、名詞形の単語はそれぞれ…

conclusion: 結論、決定
exclusion: 除外、排除
inclusion: 含有、内包物
preclusion: 防止、妨害

となります。名詞の場合でも、いずれも抽象的な意味を持つ単語で、イメージをぱっと頭に浮かべるのが難しい単語達です。

ですから、抽象的な意味を持つ単語に関しては、画像イメージに頼った暗記が難しい場合は、以上のように語幹と接頭辞・接尾辞の組み合わせで覚える方法がとても有効だと思います。

自分の既存ストックの単語を利用して、意味を組み合わせて新しい単語を覚えられるので、暗記の負荷も小さいです。もっと気になられる方は、ぜひ「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」を読まれてみてください。

そして、具象語(具体的な意味を持つ単語)については、圧倒的に画像イメージによる暗記が効果的ですので、引き続き Imagict をよろしくお願いいたします!(宣伝すいません><)

スポンサーリンク
英語学習関連の書籍は30冊以上読みましたが、私がもっともおすすめするのが以下の3冊で、英文法と発音を学習の初期に身につけておくと効率が良いです。後は英単語・フレーズを増やすのとリスニングで聞き取る力を鍛えるのみ。これが英語学習の王道です。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!