Vim プラグインの管理に NeoBundle を導入

Ruby の bundler における Gemfile のように、NeoBundle を使うと ~/.vimrc に、インストールする vim プラグンをずら〜っと書けるっぽい。ということで、前から入れてみようと思っていたのでやっとこさ入れました。

スポンサーリンク

NeoBundle のインストール

.vimrc の設定

以下を .vimrc に追加。

Macbook Air を使い出して以来、めっきり出番は減りましたけど、Windows では gVim を使っています。なので、Mac と Windows の vim プラグイン用のディレクトリを判定して区別してます。NeoBundle ‘***’ の行は、自分が使う Vim プラグインを指定します。

vimプラグインのインストールなど

vim上から :NeoBundleInstall で、~/.vimrc の NeoBundle で指定されたプラグインをインストール。

vim上から :NeoBundleUpdate でアップデート。

プラグインを削除する場合は、~/.vimrc から削除したいプラグインの NeoBundle の記述を消して、vim上から :NeoBundleClean を実行。

便利です。以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!