RMagick をレンタルサーバーにインストールするのではまった

rbenv + ruby-build の環境を作ってある共用レンタルサーバーで、RMagick を入れようとしてはまったので備忘録。

レンタルサーバーに rbenv + ruby-build + ruby 2.0 環境を作った | EasyRamble

スポンサーリンク

“Can’t find Magick-config” エラー

と RMagick をインストールしようとしたら、以下のエラーが発生。

実際には、Gemfile を作って bundle install したのですが。とにかく、上記エラーで RMagick がインストールできず。RMagick は、Ruby で ImageMagick を使用するための gem なのですけど、レンサバに元から入っている ImageMagick のバージョンが古い(6.2.8だった)、あるいは imagemagick-devel を入れる必要があるなど、いくつか原因となる情報が見つかりました。

新しい ImageMagick をインストール

ということで、新しいバージョンの ImageMagick をソースからインストールしました。

新しいバージョンの ImageMagick が入りました。ちなみに ~/local/bin にパス通しとく。続いて Magick-config の確認。

おお、いい感じ。これで Magick-config が見つかりませんのエラーはなくなるはず。

次は “Package MagickCore was not found in the pkg-config search path.” エラー

しかし、ここでまた bundle install するとエラー。

「MagickCore がないよ!MagickCore.pc ファイルがあるディレクトリを、PKG_CONFIG_PATH に追加してな!」とある。なので、MagickCore.pc の場所を探す。

環境変数 PKG_CONFIG_PATH にパスを通して、bundle install。

きた!これで RMagick が無事に入りました。yum などパッケージ管理コマンドが使えない不便さはあるけど、頑張れば共用のレンタルサーバーでも色々できますね。

スポンサーリンク
私は以下の本で Ruby を覚えました。メタプログラミングRubyは入門を超える内容で難しめです。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!