Vim を導入して .vimrc を設定 〜 CentOS6

デフォルトの Vi でも良いのですが、より使いやすさを求めて CentOS6 に Vim を導入します。Vim の設定は、~/.vimrc に書きます。好みですので、vi のままでも構いません。

スポンサーリンク

このエントリーは、CentOS 6.4 インストール~設定手順の目次 の一部です。

Vim の確認とインストール

まずは、Vim が入ってるか確認。CentOS 6.4 を Basic Server としてインストールすると次の3つが入るようです。vim-enhanced が入ってるので良しと。

入っていなければ、yum でインストールします。

エイリアスの設定、~/.vimrc の設定

vim を起動するのに vim と打つのも面倒なので、vi で vim が起動するように alias を設定します。

続いて、~/.vimrc の設定。ローカルの macvim の ~/.vimrc をそのままコピペしました。ちょっと長いので省略。

で読み込むと、警告がいくつか出ましたけど、Vim は動くのでとりあえず放置です。

スポンサーリンク
サーバ構築研究会の CentOS 本は、昔からお世話になっています。Linux の教科書は Linux の基本を学ぶのにおすすめです。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!