Vagrantで使うVirtualBoxのVM(仮想マシン)を外付けHDDに移動

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【お知らせ】 英単語を画像イメージで楽に暗記できる辞書サイトを作りました。英語学習中の方は、ぜひご利用ください!
画像付き英語辞書 Imagict | 英単語をイメージで暗記
【開発記録】
英単語を画像イメージで暗記できる英語辞書サービスを作って公開しました

Macbook Air の SSD 空き容量枯渇問題が再び深刻化してきましたので、Vagrant で使う VirtualBox のVM(仮想マシン)を、本体の SSD から外付け HDD に移動させました。Vagrant 使って VM をぽんぽこ作ってると、ストレージの空き容量ががんがん減っていって困りますね!

Macbook Air の SSD ストレージで容量食ってるディレクトリを調査 | EasyRamble

ということで、以下作業手順のまとめです。

1. 外付け HDD ストレージを準備
2. VirtualBox の VM 保存場所を外付け HDD に変更する設定
3. 既存の VM のデータを外付け HDD に移動
4. VirtualBox 管理画面で既存の VM を一旦削除して追加する再設定
5. 既存の Vagrant のデータを外付け HDD に移動
6. 環境変数 VAGRANT_HOME の設定
7. VM 起動と停止の確認

— 環境 —
Vagrant 1.6.3
VirtualBox 4.3.12

スポンサーリンク

1. 外付け HDD ストレージを準備

まずは、外付け HDD をマウントさせて、Vagrant および VirtualBox の VM データ用のディレクトリを作成します。BUFFALO 製の外付けストレージを使いました。

これらの外付け HDD のディレクトリが、データの移行先となります。

2. VirtualBox の VM 保存場所を外付け HDD に変更する設定

VirtualBox を起動後、上部メニューの「VirtualBox – Preferences – Default Machine Folder」から、VM の保存場所を「/Volumes/BUFFALO1/virtualbox_vms」に設定します。

Screen Shot 2015-09-04 at 16.42.16

3. 既存の VM のデータを外付け HDD に移動

既存の VirtualBox の VM のデータを外付け HDD に移動させます。以下 Docker 用に作っていた VM を移動させる例です。

必要に応じて、VM を移動させる。

4. VirtualBox 管理画面で既存の VM を一旦削除して追加する再設定

ここで VirtualBox を GUI 管理画面を起動しますと、移動させた VM はパスが見つからず inaccesible(アクセスできないよ)とメッセージが表示されました。なので、いったんここに表示されている VM を削除して、外付け HDD に移した VM を追加して再設定します。

VM を選択して右クリック後 Remove を選択。

Screen Shot 2015-09-04 at 16.57.34

確認のダイアログが出るので Remove を選択。

Screen Shot 2015-09-04 at 16.58.43

その後、VirtualBox の上部メニューの「Machine – Add」をクリック。

Screen Shot 2015-09-04 at 17.00.06

外付け HDD に移動させた VM の *****.vbox というファイルを選択します。これで、VirtualBox での VM 追加の再設定は終了です。

Screen Shot 2015-09-04 at 17.00.54

今度は VM のパスがちゃんと移行先の外付け HDD のパスになっているので、inaccesible の表示は出ません。

5. 既存の Vagrant のデータを外付け HDD に移動

Vagrant のデータ(~/.vagrant.d/ 以下)も結構容量がありましたので、こちらも外付け HDD に移動させました。

6. 環境変数 VAGRANT_HOME の設定

Vagrant はデフォルトで ~/vagrant.d/ を使用する設定となっていますので、~/vagrant.d/ の場所を変更した場合は、環境変数 VAGRANT_HOME を設定してやる必要があります。私は zsh を使っていますので、~/.zshrc に設定しました。

以上で VM の外付け HDD への移動の作業は終了です。

7. VM 起動と停止の確認

後は、Vagrantfile を作成済みのディレクトリで、いつも通りに VM を起動させて確認します。

VM をシャットダウン。

特にスピードが遅く感じることもなく、普通に VM の起動・停止をこれまでと同様に行えました。以上で Vagrant で利用する VirtualBox の VM(仮想マシン)を外付けHDDに移す作業は終了です。割と簡単な作業で、Macbook Air の空き容量を30GB以上確保できました。ばんざい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!