SSH 接続で断続的に切断が多発するときの対処 〜 CentOS6

なんかSSHで接続してると一定時間作業をしないと、勝手に切断してしまう現象に遭遇したので対処しました。以前にもなった記憶があります。なにもせずにしばらくSSH接続を放置しておくと、以下のメッセージが表示されて切断されます。

スポンサーリンク

このエントリーは、CentOS 6.4 インストール~設定手順の目次 の一部です。

SSH 接続維持のための対応

以下をサーバー機の /etc/ssh/sshd_config に追加して sshd を再起動。

ClientAliveInterval 60 の行を末尾に追加して、60秒毎にパケットを投げて接続を維持するように変更後、SSH再起動。これで勝手に切断されず、SSH接続を維持できるようになりました。

スポンサーリンク
サーバ構築研究会の CentOS 本は、昔からお世話になっています。Linux の教科書は Linux の基本を学ぶのにおすすめです。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!