初心者でもプログラミング学習!オンラインスクール講座&ITブートキャンプ特集

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【お知らせ】 英単語を画像イメージで楽に暗記できる辞書サイトを作りました。英語学習中の方は、ぜひご利用ください!
画像付き英語辞書 Imagict | 英単語をイメージで暗記
【開発記録】
英単語を画像イメージで暗記できる英語辞書サービスを作って公開しました

プログラミングの学習サービスが近年たいへん充実してきています。プログラミング初心者の方でも、オンラインスクールやITブートキャンプを利用することで、プログラミングのスキルを効率よく身につけることが可能です。短期集中型のブートキャンプな学習コースですと、短期間で一気にプログラミング技術を習得することが期待できます。

スポンサーリンク

まず初めに一般知識として、プログラミングのオンラインスクールやブートキャンプがどういうものであるかを説明します。

プログラミングのオンラインスクールとは?

プログラミングのオンラインスクールでは、オンラインを通したビデオ通話やチャットなどを利用して、講座や学習サポートを受けられます。1人対1人でパーソナルメンター的な講師がついて、マンツーマンで指導を行うスタイルのオンラインスクールがおすすめです。指導を行う講師は現役のエンジニアなので、基礎から応用までしっかりとしたプログラミングの知識を学ぶことができます。

オンラインスクールは各種受講コースを用意しており、WEBアプリケーションコース、WEBデザインコース、iPhoneアプリ開発コース、Androidアプリ開発コース、WordPressコースなどから、自分が受講したいコースを選択できます。オンラインスクールによっては、無料体験レッスンを用意されている場合もありますので、最初はそれを活用するのがおすすめですね。

また、オンラインスクールの場合は、自分のスタイルに合わせた学習スケジュールを組むことができます。1日中フルに学習する短期集中型、平日土日の空いた時間を利用する標準的なペース、土日中心のゆったりスタイルなど、自分が取れる時間を活用した学習スケジュール管理が可能です。

プログラミングのブートキャンプとは?

ブートキャンプ(Boot Camp)とは、もともとはアメリカの英語で「新兵訓練施設」を意味する言葉です。それが転じて、新兵や新人に対して行われる教育や訓練のプログラム自体を指すようになりました。ブート(Boot)とは英語の俗語で新兵を意味します。

数年前にビリーズ・ブートキャンプという短期集中型のエキササイズプログラムが大流行しましたが、あれもブートキャンプという名称ですね。現在では、プログラミングの学習カリキュラムでもブートキャンプという名称が用いられるようになっています。特に短期集中でのトレーニングや学習プログラムのことをブートキャンプと呼ぶようです。

ブートキャンプ – Wikipedia

プログラミング学習におけるブートキャンプは、合宿型のものとオンラインのタイプがあります。合宿滞在型のITブートキャンプは、スクールに滞在して短期集中型の合宿でプログラミング指導を行います。

もう一つのタイプは、コードキャンプやテックアカデミーが提供している、オンラインスクール型のブートキャンプです。これは、オンラインを通したビデオ通話やチャットなどを利用してプログラミングの講座や指導が行われ、短期集中型で学習カリキュラムを進めます。オンラインですので、自宅など好きな場所で受講できるのがメリットです。

どんな人がオンラインスクールやブートキャンプに向いているのか?

プログラミングのオンラインスクールやブートキャンプなどの学習サービスは、基本的にはプログラミングを始めて間もない方、プログラミングの初心者・入門者から中級者くらいの方向けであると考えます。そして、本気でプログラミングを効率よく学びたい方や、もう一度学び直したい方が対象だろうと思います。

なぜ私がそう考えるのかと言いますと、プログラミング学習では一番最初の基礎知識を学ぶ段階が、一番たいへんでハードルが高いからです。例えば、WEBプログラミングの分野で言いますと、HTMLやCSSの知識、データベースの使い方、いわゆるプログラミングにおける配列やループ、オブジェクト指向の概念など。これらの基礎知識を初心者の方が独学で学ぶのは結構辛いものがあります。

そして、それらの学んだ基礎知識を実践に結びつけるための、ウェブアプリケーションを作成したりスマホアプリを開発するなどの作業は、初心者のうちは大変ハードルが高く感じるはずです。私は独学でプログラミングをいちから学んだのですが、楽しかった一方で辛く感じたこともありました。初心者の段階でメンター的な方に教えてもらえれば、もっとプログラミングの基礎を早く効率良く学べただろうな、と強く思っています。

基礎知識を完璧に理解して身に付けた後であれば、独学であってもプログラミング学習をスムーズに進めていくことができます。0を1にするのはとても大変な一方で、1を10にしていくのは楽であると時折言われますが、プログラミング学習はそれと同じです。ある程度プログラミングの基礎がしっかりと身に付けば、後は独学で学んでいくのが楽になります。プログラミングを仕事にするのであれば、いずれは独学で学べるようになることが必須になりますしね。

それから、スクールによっては、オンライン講座やブートキャンプのカリキュラム修了後に、就業先企業の紹介や業務委託の案件紹介を行っている場合があります。ですので、プログラミング学習後にそれらの企業紹介や案件紹介などのサービスを受けたい方も、オンラインスクールやブートキャンプのご利用に向いているかと思います。

それでは、以降はプログラミングのオンラインスクールおよびブートキャンプの紹介です。それぞれに特徴がありますので、よく比較検討して選ばれることをおすすめします。

現役エンジニアによるオンラインレッスンが受けられる CodeCamp(コードキャンプ)

codecamp
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)では、現役のエンジニアによるプログラミングのオンラインレッスンを受けられます。オンラインでのビデオ通話を利用した、マンツーマン指導によるプログラミング講座のオンラインスクールです。プログラミングコース、Webデザインコース、スマホアプリ開発コースなどから受講したいコースを選べます。実際にサービス・アプリを作りながら学んでいくスタイルですので、学んだ知識をすぐに実践として試していくことが可能です。実践的でとてもおもしろそうですね、受けてみたいです。

受講コースの詳細は、以下のようになっています。

プログラミングコース
– マスターコース
– スタンダードコース
– PHP/MySQL
– JavaScript
– HTML5/CSS3
– Bootstrap
– WordPress

Webデザインコース
– Webデザインコース
– WebデザインLiteコース
– Photoshop
– Illustrator

スマホアプリ開発コース
– Java&Androidアプリ開発コース
– Androidアプリ開発コース
– iPhoneアプリ開発コース
– Java

codecamp-course

学習スケジュールについても、短期集中で1日8〜9時間、仕事の合間で1日4時間程度、土日メインに週に2時間などと、自分のスタイルに合わせた学習スケジュールを組むことができ融通が効きます。私はできるだけ短期間で学ぶほうが効率が良いとは思いますけれど。学習と学習の間隔が空くと、学んだ知識を忘れやすいです。

CodeCampの授業は1回40分で、7時〜23時40分まで受け放題という制度になっています。ですので、1日フルに受講して短期集中で学習を進めたり、日中仕事などで忙しい方は平日の隙間時間や土日を活用したりなど、ご自分の生活スタイルに合わせた学習スケジュール管理が可能です。

また、CodeCamp では無料体験レッスンも用意されていますので、まずはそれを試されるのがおすすめです!

パーソナルメンターがプログラミング指導を行うテックアカデミー

techacademy
TechAcademy [テックアカデミー]

Tech Academy/テックアカデミーは、パーソナルメンターがついて指導を行うスタイルで、プログラミングやアプリ開発を学ぶことができるオンラインスクールです。現役エンジニアのサポートと独自の学習システムを基にしたオンラインブートキャンプにより、短期間で技術を習得できます。

Webアプリケーションコース、Webデザインコース、WordPressコース、iPhoneアプリコースなどの講座が用意されています。Webアプリケーションコースでは Ruby on Rails を学べ、iPhoneアプリコースでは Swift を学ぶカリキュラムとなっており熱いです!各々のコースでは、実際にアプリケーションを作りながら学ぶので、短期間での成長が見込めます。

以下は、テックアカデミーの iPhone アプリコースと WordPress コースです。

techacademy-iphone
オンラインブートキャンプ iPhoneアプリコース

TechAcademy(テックアカデミー)のiPhoneアプリコースは、未経験から短期間でオリジナルのiOSアプリを開発できるようになる学習プログラムです。オンラインによるマンツーマンでのメンタリング、チャットとレビューのサポートを受けられます。実際にアプリを作りながら学んでいき、オリジナルの iPhone アプリを AppStore に公開することが最終ゴールとなります。

techacademy-wordpress
オンラインブートキャンプ WordPressコース

TechAcademy(テックアカデミー)のWordPressコースは、未経験から短期間で WordPress ベースのブログやウェブサイトを制作できるようになる学習プログラムです。オンラインによるマンツーマンでのメンタリング、チャットとレビューのサポートを受けられます。オリジナルの WordPress ウェブサイトをインターネット上に公開することが最終ゴールとなります。

CodeCamp の企業向けプログラミング研修サービス

codecamp-company
企業向けプログラミング研修【CodeCamp】

CodeCamp が提供する企業・法人向けのプログラミング研修サービスです。ビデオ通話を利用したマンツーマンによるプログラミングレッスンを企業研修にご利用できます。オンライン研修なので時間や場所を選ばず利用でき、また学習履歴や技術習得レベルを把握しやすい特徴があります。スタートアップ企業などで、自社従業員のプログラミングスキルを向上させたい場合などに活用するのがおすすめです。

エンジニアが質問に回答してくれる teratail

teratail
エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】

teratail は、プログラミング専門の Q & A サイトです。ユーザー登録して、プログラミングに関する質問を行うと、エンジニアの方々が質問に対して回答してくれます。オンラインスクールやブートキャンプとは異なりますが、エンジニアの問題解決をサポートしてくれる心強いサービスです。私も利用しています。

短期集中合宿で一気に成長を実現するITブートキャンプ

itbootcamp
ITブートキャンプ

Cajon が運営する1ヶ月間の短期集中合宿型のITブートキャンプです。実際にアプリケーションを作成しながら学ぶ実践式スタイルで、短期間でITエンジニアを育成します。9時半〜20時の間は常にメンターが待機しており、カリキュラムで分からない箇所をいつでも直接質問できる万全のサポート体制です。

石垣島合宿の場合は滞在期間は28日間もしくは14日間で、卒業後は30日間のサポートが受けられます。ビデオ会議やチャットで講師に質問したり制作物確認の依頼が可能です。短期間のうちに集中できる環境で、一気に技術を習得して成長したい方は、この石垣島合宿のITブートキャンプが大きな手助けとなるでしょう。

また卒業後は、登録企業への就職斡旋、制作業務の受託依頼などのサポートを受けられます。石垣島のほか、新潟、東京、島根、オンラインでの受講ができ、フロントエンドエンジニア、WEBデザイン、WordPress、Ruby、マーケティングなどのコースが用意されています。

スポンサーリンク
開発したサービスを多くの人に使ってもらうには、マーケティングも勉強しないといけませんね。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!