Rails4.1 で staging 環境を用意する

Rails4.1 アプリケーションで、production 環境とは別に staging(ステージング)環境を用意する手順です。サーバーはどこか任意に準備するものとします。

— 環境 —
Rails 4.1

スポンサーリンク

staging 環境でのDBとDBユーザーを作成

まずは、staging 環境用のDBとDBユーザーを作成します。

config/database.yml に staging 環境を追加

config/database.yml に staging 環境でのDB情報を追加します。

基本 production のコピーで良いかと思います。db_name, user_name は最初に mysql にログインして作成したものに揃える。あと MySQL の socket の場所に注意、development 環境とは違っている可能性があります。

config/environments/staging.rb を作成

今回は、production.rb をコピーして作成。

config/secrets.yml に staging 環境を追加

Rails4.1 から config/secrets.yml というファイルが追加されています。staging 用を追加。

config/secrets.yml

以上で作業は終了です。staging 環境で webrick 起動するには以下。RAILS_ENV 環境変数で staging を指定します。

スポンサーリンク
パーフェクト Ruby on Rails は、最近読んだ Rails 本の中では一番役に立った本です。Chef や Capistrano など Rails と共によく使用される技術にも触れてあります。Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミングは、入門的な内容で Rails の機能全体を網羅されています。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!