水俣・湯の児へ海水浴に行ってきた【写真日記】

お盆休みを先取りして先週(8/8 木)に、水俣市の湯の児へ海水浴に行って来ました。芦北〜湯の児の海は、天草に比べると自宅のある熊本市から近いし、高速を使えるので楽です。ついでに海もすごく綺麗で、天草リップルランドなんかに比べると人も少ない。我々一家は、海水浴ではこっち方面に来ることが多いです。

お盆前だしまだくらげはおらんだろ〜と気軽に考えていたのだけど、浅はかでした。海に着くや橋の上からチェックしてみますと、すでに大量のクラゲがぷ〜かぷか。どんぶらこ〜と潮の流れに身を任せて、ビーチ沖4〜5メートルのところまで押し寄せてきます(笑い。地元の方と話した所、例年よりクラゲ発生の時期が早いそうですので、これから海水浴の予定の方は注意してくださいね。

スポンサーリンク

DSC_0154-1

水はこんなに透明で美しいので、一層クラゲの姿がくっきりと。

地元民の方や子どもたちは、クラゲなど我関せずでガンガン泳いでいましたが、私は小さい子供(娘3歳)を連れていますのでそうもいかず。水際から数メートルの範囲でクラゲセンサーを最大限に働かせつつ、びびりながら泳いで遊びました。

こんな感じのロケーション、良いでしょ?海水浴のお客さんも割と少なめ、砂浜には100人もいないくらいでした。青いラッシュガード着てるのがうちの娘。

DSC_0150-1

子供たちにとっては、くらげですら格好の遊び相手。小学生の男の子たちは、網ですくってはおおはしゃぎしていました。

DSC_0151-1

茶色いクラゲは海の中にいてもすぐに見つけられます。上写真のバケツの底のほうに、白くて透明なクラゲがいるの分かりますでしょうか?これが海中にいると見つけるのがとても厄介。

クラゲに警戒しまくっていたので、透明な海でのクラゲ発見のためのライフハックを編み出しのですが、それはクラゲ自身の姿ではなくて砂底(海底)に映ったクラゲの影に注意するという方法。一枚目の写真のクラゲでも影がくっきり映ってます。この方法を駆使すると、白っぽい透明なクラゲも発見しやすかったです。

だらだら泳ぎつつ、砂浜で遊びつつあっという間に3時間弱ほど経過。娘とバケツで作った砂と貝殻のケーキ。こういうケーキを5個ほど作りました。しかし子供の集中力はすごい、一心不乱に砂遊びに夢中になっていた娘。

DSC_0157-1

なんとかクラゲに刺されることもなく楽しめました。お昼すぎて日差しが強く暑くなったので、海水浴場をあとにしてランチへ。福田農場さんのパエリアを食べにGo。

DSC_0174-1

美味いぜ!ふぁ〜びゅらす!

福田農場から不知火海の眺め。びゅーてぃふぉー!

DSC_0170

ランチの後、湯の児温泉に浸かって帰路へ。帰り途中で芦北の友人宅におじゃましたりして、楽しい一日でした、海も人もいいですね水俣も芦北も。

次回は、矢谷渓谷に行こうかと計画中。

スポンサーリンク
森博嗣さんの「すべてがFになる」はとても大好きなミステリー小説です。プログラミング好きな方であれば特に楽しめること間違いなしです。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!