WordPress でさくっと過去の全記事一覧を取得して確認する方法

ブログの記事が増えてきて、この内容過去に書いたかな…とたまに考えることがあり、全ての過去記事の見出しだけをさっと確認したくなる時があります。以下の方法を採用しました。

スポンサーリンク

functions.php に全過去記事を取得するショートコードを追加

functions.php

wp_get_archives 関数に “type=postbypost” を引数で渡すと、過去に書いた全記事を取得できます。

固定ページにショートコード設定

WordPress にログイン後、固定ページを追加して、以下のとおりショートコードを設定。

そして、下書きとして保存 → プレビュー。

これで、過去記事の全ての一覧を確認できます。公開する場合は、普通に公開。私は確認だけしたいので、下書き → プレビューで運用します。

MySQL で SQL 文を実行する

最初、MySQL にログインして以下の SQL を実行して確認しようとしました。

しかし、そういえば私は Slugs or PostID というプラグインで、記事 permalink の URL をデフォルトの ID(数字)ではなくて、任意の文字列に設定していたのを思い出しました。なので URL は取得できず。

Slugs or PostID がどこかに、「URL用の任意文字列 => ID」の対応テーブルを持っているはずなのですけど、調べるのが面倒くさくて中止。URL が デフォルトの ID(数字)のままの場合は、sql 発行で簡単に URL と記事タイトルの一覧を確認できます。

スポンサーリンク
WordPress は人気ナンバーワンのブログ・ウェブサイトの管理ツールです。PHP を使えればカスタマイズできるので、ぜひトライされてみてください。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!