ユニバーサルアナリティクスでページビュー・イベントをアクセス解析

ユニバーサルアナリティクスは、昨年(2014年)4月に正式リリースされた、従来版より機能強化された新バージョンの Google Analytics(Googleが提供するアクセス解析ツール)です。

ユニバーサル アナリティクスについて – アナリティクス ヘルプ
ユニバーサル アナリティクスを使用しているかどうかを確認する – アナリティクス ヘルプ

アクセス解析トラッキング用の JavaScript コードが、旧バージョンのものとユニバーサルアナリティクス (Universal Analytics) では異なったものとなっているので、旧コードを差し替える作業時等のために両者コードの違いを以下にまとめました。

スポンサーリンク

アクセス解析のトラッキングコード

リファレンス – ウェブサイトの完全アップグレード: ga.js / dc.js を analytics.js に切り替える – Google アナリティクス — Google Developers

新コード(ユニバーサルアナリティクス版)

‘UA-XXXX-Y’ の部分は、ご利用のトラッキングIDに変更が必要です。任意のHTML等に挿入して利用します。

比較のために、従来版の旧コードも掲載しておきます。

旧コード

ページビューを送信するコード

ページ トラッキング – ウェブ トラッキング(analytics.js) – Google アナリティクス — Google Developers

新コード(ユニバーサルアナリティクス版)

または、第2引数に「key: value」のオブジェクトを指定しても良い。引数をたくさん渡す場合は、こちらのほうが可読性が良いかもです。

旧コード

イベントを送信するコード

イベント トラッキング – ウェブ トラッキング(analytics.js) – Google アナリティクス — Google Developers

新コード(ユニバーサルアナリティクス版)

‘opt_label’ 以降の引数はオプション。

または、第2引数に「key: value」のオブジェクトを指定しても良い。引数をたくさん渡す場合は、こちらのほうが可読性が良いかもです。

旧コード

以上です。

スポンサーリンク
開発したサービスを多くの人に使ってもらうには、マーケティングも勉強しないといけませんね。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!