ゆるふわな競技プログラミングWEBサービス yukicoder に挑戦してみた

昨日読んだ以下のエントリーがとても興味深かった。例で出されていた電卓のクイズが面白くて、ついつい惹き込まれて読んじゃいました。

社会人10年目から始める競技プログラミングのすすめ – kuuso1のブログ

スポンサーリンク

それで、このエントリーの最後のほうで競技プログラミングのWEBサービスがいくつか紹介されていたのですけど、その中で yukicoder というWEBサービスを見つけまして、このサービスが日本語だし面白そう。

yukicoderへようこそ!
yukicoderは競技プログラミング・アルゴリズムをゆるふわに練習する目的で運営されています。

topcoder 等は英語ですしガチすぎる印象で及び腰なのですけど、yukicoder は日本語だしとっつきやすそうだったのでちょっと挑戦してみた次第です。初めて挑戦してみた問題はこれ↓。★1つなので一番簡単なレベルの問題です。

No.29 パワーアップ – yukicoder

解答コード

2通りの解答用コードを書いてみました。最初おもいっきり間違えちゃったのですけどねw

解答1(no_29_1.rb)

#6688 No.29 パワーアップ – yukicoder

解答2(no_29_2.rb)

#6690 No.29 パワーアップ – yukicoder

ローカルで試す場合

ページ最下部の「テストケース一括ダウンロード」から、テスト用のファイル一覧をダウンロードできます。以下のように配置しました。

testcase/test_in 以下が入力用ファイル、testcase/test_out 以下が出力(解答)のファイルです。

書いたコードは、ローカルで以下のように実行できます。

ファイル名の一覧を数値順でソートするのに苦労しました… find でできなかったので、結局 ls と sort -n を使った。あと、xargs は “-n 1” のオプションで引数を1つずつ処理できるのですね、初めて知った。

初級Linuxプログラミング xargsで1個ずつ処理
xargs でコマンドに引数をひとつずつ渡す方法 – ablog

以上のコマンドで、test_in 以下の入力用ファイルを1つずつ読み込んで、Rubyコード(./no_29_1.rb, ./no_29_2.rb)に、test_in 以下の入力用ファイルを1つずつ渡して、それぞれの出力を確認できます。出力を testcase/test_out 以下のファイルの解答と答え合わせすればOK。

アルゴリズム強くなりたいですし、yukicoder 面白いですので、時間がある時にぼちぼちトライしてみようと思います。

スポンサーリンク
私は以下の本で Ruby を覚えました。メタプログラミングRubyは入門を超える内容で難しめです。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!