ActiveRecord の where メソッドで IN と != / NOT LIKE を AND で組み合わせて使う

ActiveRecord で IN と != や IN と NOT LIKE を AND でつなげて書きたかったのですが、普通に where 句をつなげて書くと AND 検索の SQL になります。

スポンサーリンク

— 環境 —
rails-4.0.1

IN と != を AND でつなげる

IN と != を AND でつなげる例。タイムゾーンが東京か大阪で、Eメールが空でないユーザーを取得します。

IN と NOT LIKE を AND でつなげる

IN と NOT LIKE を AND でつなげる例。タイムゾーンが東京か大阪で、Eメールが “hoge@example.com” のような 〜@example.com のメールアドレスではないユーザーを取得します。NOT LIKE と %(ワイルドカード)を使う。

便利です。

スポンサーリンク
パーフェクト Ruby on Rails は、最近読んだ Rails 本の中では一番役に立った本です。Chef や Capistrano など Rails と共によく使用される技術にも触れてあります。Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミングは、入門的な内容で Rails の機能全体を網羅されています。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!