Rails で Chartkick を使ってグラフ描画

Rails アプリケーションでグラフを描画するために、Chartkick を使ってみました。Chartkick は、Ruby, Python, pure JavaScript で利用できる美しいグラフを作成するためのライブラリ。

Chartkick

スポンサーリンク

gem ‘chartkick’ を書いて bundle install

いつもどおり、Gemfile に chartkick を追加して bundle install。

Chartkick の使い方

グラフを描くビューで google の jsapi をインクルードします。Chartkick が依存しています。

使う場所が多ければ、views/layouts/application.html.erb の html header 部に書いても良いかも。

評判通り、ビューのコードは本当に1行だけで動きます。折れ線グラフを描画するコードの例です。

line_chart 折れ線グラフ
pie_chart 円グラフ
column_chart 棒グラフ(縦)
bar_chart 棒グラフ(横)
area_chart エリアグラフ

描画グラフ用のメソッドは以上が用意されています。

渡すデータ(上述の @graph_data)は “キー名” => “値” のハッシュか [“キー名”, “値”] の配列で指定する。

拍子抜けするほど簡単ににグラフを出力できました。出力されるグラフも綺麗です。このエントリーの例程度であれば5分でできますので、ぜひお試しください!

スポンサーリンク
パーフェクト Ruby on Rails は、最近読んだ Rails 本の中では一番役に立った本です。Chef や Capistrano など Rails と共によく使用される技術にも触れてあります。Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミングは、入門的な内容で Rails の機能全体を網羅されています。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!