Chefで/etc/sysctl.confのkernel.panicを設定

サーバーで致命的なエラーが起こった場合に、サーバーを10秒後に自動で再起動させる設定を行います。具体的には、Chef の recipe で kernel.panic を設定します。

kernel.panic を設定し、エラー時にサーバーを自動リブート の設定を、Chef で自動化する手順となります。

このエントリーは、CentOS サーバー設定用 Chef Cookbook/Recipe の目次 の一部です。

スポンサーリンク

kernel.panic を10秒に設定する recipe

/etc/sysctl.conf の kernel.panic を10秒に設定します。

site-cookbooks/base_cookbook/recipes/kernel_panic.rb

/etc/sysctl.conf のオリジナルをバックアップ後、kernel.panic = 10 の設定を追加しています。

再起動あるいは # sysctl -p コマンドを実行

あとは、run_list に recipe を追加してプロビジョニングを実行すれば終了です。

注意点としては、コメントに書いていますが、この設定を変更した後は kernel.panic の値を反映させるためにサーバーの再起動を行う。

あるいは、

のコマンド実行を recipe に追記すれば良いかと思います。このコマンドによって、kernel.panic に設定した値が反映される。私は、初回のプロビジョニング終了後に、サーバーを再起動させる方針にしてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!