heroku を久々使おうとしたら Permission denied (publickey) エラー

Rails4 のバージョンの Ruby on Rails チュートリアル:実例を使ってRailsを学ぼう – Michael Hartl (マイケル・ハートル) を読み始めたのですけど、heroku にデプロイする箇所があって heroku を久々に使ったら色々エラーが出たので備忘録。rails を使うの rails2 以来使ってなくて、かなり忘れちゃったので復習してます。なにしろ rails 3 は全然使ってないし、heroku はものすごい久しぶりに使ったりで、一直線には進みません。

スポンサーリンク

以下作業は、Mac にて。

heroku にログインはできるが…

まずはログインして、heroku で新しいアプリを作成する。

ログインはできた模様。

heroku create もできた。

git push heroku master でこける

続いてローカル側で git 管理下の rails アプリのひな形を作成済みなので git push heroku master。

ここで Permission denied (publickey). のエラー。

もう一回やってもエラー。

ssh 鍵を作りなおして heroku に登録

ssh 鍵を作りなおして、公開鍵を heroku に登録します。

/Users/user/.ssh/heroku_rsa という名前で公開鍵・秘密鍵を生成します。パスフレーズも聞かれるので入力。

その後、公開鍵を heroku に登録。

~/.ssh/config に heroku への ssh 接続情報を追記。

上記を ~/.ssh/config 末尾に追加します。

改めて git push heroku master

改めて、git push。

初回はパスフレーズを聞かれるので入力。

これで git push は通るようになりましたが、今度はデプロイ時にまた違うエラー発生。

Precompiling に失敗したと、面倒くさ。心が折れそうになるけどググる。

Heroku Rails 4 / Ruby 2.0.0 Deploy Fail, Production Database is not connectable – Stack Overflow
Heroku Labs: user-env-compile | Heroku Dev Center

あたりの情報を頼りに、以下の作業。

以上を config/application.rb の末尾に追記して、git commit。

その後、ユーザー環境でのコンパイルを可能にしとく。

うーん、なんか警告出たけどまあいいや、先に進みます。

再び git push。

WARNINGS 出てますけど、ようやくデプロイできたみたいです。

http://your-app-0000.herokuapp.com deployed to Heroku

の行で表示されている URL でアクセス。とりあえず heroku を使う予定はないし、これ以上の深追いはせずいったん終了です。

スポンサーリンク
パーフェクト Ruby on Rails は、最近読んだ Rails 本の中では一番役に立った本です。Chef や Capistrano など Rails と共によく使用される技術にも触れてあります。Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミングは、入門的な内容で Rails の機能全体を網羅されています。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!