i18n_generators で Rails アプリを日本語化

i18n_generators は Rails アプリの日本語化を助ける便利な gem です。年月日や単位、システムメッセージに加え、モデルに則した辞書ファイルの雛形も作ってくれるのでとても助かります。

スポンサーリンク

i18n_generators のインストール

Gemfile に以下を書いてインストール。

config/application.rb は以下のように日本語をデフォルトに設定の状態です。

yml の辞書ファイルを生成

日本語の辞書ファイルを生成します。

以下の二種類のロケールファイル(辞書ファイル)が生成される。

config/locales/ja.yml

年月日・曜日、時間、Railsのシステムメッセージ、通貨、単位などの辞書ファイル。

config/locales/translation_ja.yml

作成済みのモデルに則した辞書ファイル。生成直後は以下の様に英語のままなので日本語に翻訳する。

翻訳後↓

参考までに英語の辞書ファイルも生成。

すでに、application.rb で config.i18n.default_locale = :ja とデフォルトロケールを :ja に設定していたので、application.rb を上書きするか?と警告が出ました。n(no)をタイプして上書きせずに継続。

辞書ファイルの翻訳を出力

モデル名やモデルの属性名の翻訳へは以下でアクセスできます。

普通に yaml ファイル(辞書ファイル)のキーをたどってもOK。

ロケールを :en(英語)に変更。

以上です。

スポンサーリンク
パーフェクト Ruby on Rails は、最近読んだ Rails 本の中では一番役に立った本です。Chef や Capistrano など Rails と共によく使用される技術にも触れてあります。Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミングは、入門的な内容で Rails の機能全体を網羅されています。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!