Rails Deviseの日本語化辞書ファイル(devise.ja.yml)

Devise の日本語化にあたって、devise.ja.yml を作成しました。

— 環境 —
rails 5.0.0.1
devise 4.2.0

【追記 2016/11/22】
Rails 5 + Devise 4 の環境でも以下の翻訳ファイルを利用できます。
【追記ここまで】

— 記事初回公開時の環境 —
devise 3.2.2
rails 4.0.1

スポンサーリンク

config/locales/devise.ja.yml

直訳だと分かりにくい部分については、意訳を使っています。先日書いた記事、Rails4 で i18n で英語化(多言語化) | EasyRamble で紹介した github などに置いてあった辞書ファイルを参考にしました。

元の英語辞書ファイル(devise.en.yml)は以下。config/locales に最初からあったので、devise インストール時に入ったんですかね。

元ファイル(config/locales/devise.en.yml)

以上です。

スポンサーリンク
パーフェクト Ruby on Rails は、最近読んだ Rails 本の中では一番役に立った本です。Chef や Capistrano など Rails と共によく使用される技術にも触れてあります。Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミングは、入門的な内容で Rails の機能全体を網羅されています。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!