Vimでインデント/タブ幅をファイル拡張子ごとに設定

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【お知らせ】 英単語を画像イメージで楽に暗記できる辞書サイトを作りました。英語学習中の方は、ぜひご利用ください!
画像付き英語辞書 Imagict | 英単語をイメージで暗記
【開発記録】
英単語を画像イメージで暗記できる英語辞書サービスを作って公開しました

Vim エディタで、使うプログラミング言語毎にインデントを設定する方法です。Vim の filetype プラグインを使って、ファイルの拡張子でインデント/タブの幅を変更できます。

スポンサーリンク

~/.vimrc で filetype プラグインでインデント

まず ~/.vimrc に filetype プラグインでインデントを行う設定を追記します。

~/.vimrc

~/.vim/filetype.vim でファイルタイプの設定

続いて ~/.vim/ 以下に filetype.vim を作る。

~/.vim/filetype.vim

ファイルの拡張子に対応するファイルタイプの設定を行います。

~/.vim/ftplugin/ 以下にファイルタイプ別のインデント設定

~/.vim/ftplugin/ 以下にファイルタイプ別にインデントの設定を書きます。例として、Ruby, PHP, Swift を設定を追加。

~/.vim/ftplugin/ruby.vim

~/.vim/ftplugin/php.vim

~/.vim/ftplugin/swift.vim

以下ちょっと捕捉。

expandtab
タブ文字(”\t”)を空白文字(半角スペース)にする。softtabstop と共に使う。

tabstop
タブ文字(”\t”)1つを、何文字の空白文字(半角スペース)にするかの設定。

softtabstop
タブ文字(”\t”)をキーボードで入力した時に、何文字の空白文字(半角スペース)にするかの設定。

shiftwidth
Vim で自動インデントを行う際に、何文字の空白文字(半角スペース)にするかの設定。

これで .rb 拡張子のファイルだとインデント幅が半角スペース2つ、.php, .swift 拡張子のファイルだとインデント幅が半角スペース4つと、自動的にインデントが設定されてファイルを開けます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!