VagrantでChefを試しサーバーに適用するまでの流れ

これまでに行った Vagrant + Chef による作業の流れをまとめました(ほぼ自分用に)。Cookbook, Recipe を独自に作成したり、コミュニティの Cookbook を利用する方法、また最後のほうで実際のサーバーに Cookbook, Recipe を適用させる場合について少し記述しています。

スポンサーリンク

以下エントリー達の要約となりますが、整理してまとめたり作業の順序を入れ替えている箇所があります。

1. MacにVagrantとVirtualBoxをインストール | EasyRamble
2. Chef超入門、Chef-soloでVagrant上の仮想マシンのCentOSにGitをインストールするとこまで | EasyRamble
3 .ChefコミュニティのCookbookでサーバー構成管理 | EasyRamble
4 .ChefでCookbook, Recipeを独自に作成 | EasyRamble

Vagrant で VM を用意

Vagrant と VirtualBox をあらかじめインストールしておく。詳細は、MacにVagrantとVirtualBoxをインストール | EasyRamble を参照。

OS の基礎となる Box をインストール。

仮想マシン用の作業ディレクトリを作成して移動。

Vagrantfile 作成。

ネットワーク設定。

VM 起動。

その他の vagrant コマンド → MacにVagrantとVirtualBoxをインストール | EasyRamble

Bundler で chef, berkshelf, knife-solo をインストール

knife solo コマンドで Chef リポジトリを作成

knife solo init で Chef リポジトリを作成します。

以下が追加される。

git 管理にする。

独自の Cookbook, Recipe を作成

cookbook の雛形を site-cookbooks 以下に作成。

metadata.rb の編集。

Recipe 作成。user を追加するレシピの例。

site-cookbooks/railsapp_cookbook/recipes/user_ops.rb

Vagrantfile に Recipe 追加の設定。

Vagrantfile

上記ファイル編集の詳細は、ChefでCookbook, Recipeを独自に作成 | EasyRambleを参照。

プロビジョニング実行。

ユーザーが追加されたことを確認します。

コミュニティの Cookbook を使う場合は Berkshelf で管理

Berkshelf で Git の Cookbook を追加。Berksfile に追加する Cookbook を書きます。

Berksfile

Cookbook をインストール。

確認。

Vagrantfile に Git のレシピを追加。

Vagrantfile

プロビジョニング実行。

Git がインストールされたことを確認します。

実際のサーバーに Cookbook, Recipe を適用する

knife solo bootstrap コマンドで、nodes/www.example.com ファイルを生成。

作成された nodes/www.example.com ファイルに、run_list を書く。

そして、knife solo cook コマンドで、サーバーに適用。

実際にサーバーに適用する作業の詳細は、また後日書こうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!