Chrome拡張をGoogle Analyticsで解析する方法まとめ

Google Chrome Extension(拡張機能)も、Google Analytics で利用状況を解析できるそうです。ただし、少し調べてみたところ、とにかく情報が少ない。日本語の情報に関してはほとんど見つかりませんでした。探すのに苦労したので、見つけた情報をまとめておきます。

スポンサーリンク

popup page の解析やイベントのトラッキング

公式ドキュメント
Tutorial: Google Analytics – Google Chrome

上記公式のドキュメント(英語)で popup page (popup.html) の解析、およびイベントをトラッキングする方法が説明してあります。

以下のページは、数少ない日本語の情報。
Chrome拡張の利用状況をGoogle Analyticsで解析する | monoの開発ブログ

popup page (popup.html) のページビューを解析する場合は、通常のWebページと同じように解析コードを埋め込むだけなので簡単です。イベントのトラッキングも、何かしらのイベントに対して、指定のトラッキング用の function をイベントハンドラとして addEventListener に登録するだけっぽい。

content scripts から解析を行う場合

自分が知りたかったのは、content scripts をトラッキングする方法。こちらはさらに情報が少なく、英語(主に stackoverflow)の情報しか見つけられなかった。

Google Analytics tracking in Chrome Extension’s background.html – Stack Overflow
Content Script tracking with Google Analytics – Stack Overflow
javascript – Analytics Events Tracking for a Chrome Extension – Stack Overflow
javascript – Google Analytics in Chrome Extension – Stack Overflow

上記リンク先の情報を読んで一応自分なりに考えた方法は以下。まだ試してませんけど、次の方針で進める予定です。

content scripts からは直接トラッキングを取得できないので、Message Passing で content scripts → background page へとメッセージを送り、そのメッセージを受け取った background page で解析コードを使う。

具体的には content scripts では chrome.runtime.sendMessage() を使って backgroud page にメッセージ送信、メッセージを受けとる background page では chrome.runtime.onMessage.addListener() に解析コードのハンドラを追加する。一応以上の方法を試してみて、上手くいかなかったらまた別の方法を考えてみます。

ほか参考。
javascript – google analytics api in chrome extension – Stack Overflow
How to add Google’s Universal Analytics tracking to a Chrome extension –

以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!