CocoaPodsでSwiftライブラリをインストールして使う

スポンサーリンク
【お知らせ】 英単語を画像イメージで楽に暗記できる辞書サイトを作りました。英語学習中の方は、ぜひご利用ください!
画像付き英語辞書 Imagict | 英単語をイメージで暗記
【開発記録】
英単語を画像イメージで暗記できる英語辞書サービスを作って公開しました

CocoaPods で Swift 製のライブラリをインストールしようとしたところ、$ pod install で以下のエラーが出ました。

「Swift で書かれた Pods(ライブラリ)は、frameworks としてのみ統合できるので、Podfile に use_frameworks! の行を加えてね」とある。ネットワーク通信と JSON を解析するために、Alamofire, SwiftyJSON, Alamofire-SwiftyJSON のライブラリをインストールしようとした時に出くわしたエラーです。

CocoaPods の使い方については以下。
CocoaPodsの使い方、iOSライブラリの管理ツール | EasyRamble

— 環境 —
CocoaPods 0.36.4
Xcode 6.3.1

スポンサーリンク

エラーになった Podfile

最初 Podfile を以下のように書いていたらエラーになった。

Podfile

この通りエラー。

Alamofire-SwiftyJSON は CocoaPods.org になかったので、GitHub 経由でインストールします。

Podfile に use_frameworks! を追加

エラーメッセージの指示に従って、Podfile に use_frameworks! を追加しました。Swift で書かれたライブラリを CocoaPods でインストールする場合は、この use_frameworks! の1行が必要になるそうです。

Podfile

今度はインストール成功。

import する時の注意点

インストールしたこれらのライブラリを使おうと、作成したファイルで import しようとしたら Xcode でまたもやエラーメッセージが発生しました。

以下のように書いたところ…

import AlamofireSwiftyJSON の行で、「No such module ‘AlamofireSwiftyJSON’」のエラーが出てコンパイルできない。AlamofireSwiftyJSON をハイフンやアンダーバーで区切ったりして、試行錯誤してたら以下の書き方で import できました。アンダーバーが正解らしい。

以上で、Swift 製のライブラリも CocoaPods でインストールして使うことができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!