Feedly の Saved For Later を Evernote に全文保存! IFTTT + はてなブックマーク + ハテブテで実現

先日 Google Reader の移行先を、Feedly + Reeder(iPhone)+ gReader(Android・Xperia) に決定しました。

続いて、Feedly で Saved For Later を付けた記事を、自動で Evernote に転送して全文保存する設定を行います。どうやら、Feedly は Saved For Later のフィードURLを提供しておらず、見つけられなかったので、Blogtrottr は使えません。Feedly は IFTTT のトリガーとして使えるので、IFTTT を使うことにします。

スポンサーリンク

IFTTT の Feedly → Evernote では全文にならない

以下の画像のように普通に、IFTTT で Feedly の Saved For Later → Evernote の特定のノートブックの中のノートに転送保存を行う IFTTT レシピを作った所、一応転送されるようになりました。

スクリーンショット 2013-07-11 10.33.56

しかし、1つ問題が発生。Evernote に転送されるページが、全文保存になっていません。2〜3行ほどサマリーだけの保存で、これでは使えません…orz。私は、Evernote 内のノートを資料として検索して使うので全文保存が望ましい。

Feedly → IFTTT の Gmail 転送 → はてなブックマーク → はてぶて → Evernote

ということで代替手段を考えたところ、思いついたのがこの方法。hatebte(はてぶて) を知ってる方ならすぐ思いつく方法です。

この方法を実現するために、以下のサービスのアカウントが必要となります。

IFTTT / Put the internet to work for you.
Gmail
はてなブックマーク
hatebte – はてなブックマークをEvernoteへ

作業手順のまとめ。

1. IFTTT のトリガーで Feedly の Saved For Later のトリガーを設定。
2. IFTTT のアクションで Gmail 転送のアクションを設定。転送先は、はてなブックマークの投稿用メールアドレスにする。

スクリーンショット 2013-07-11 11.02.19

3. ハテブテで、はてなブックマーク → Evernote に転送する設定、はてなID、ノートブックやタグなどを設定する。

スクリーンショット 2013-07-11 11.00.40

仕組みと流れを簡単に解説

仕組みを簡単に要約すると以下。

IFTTT トリガー:
Feedly で記事が新しく Saved For Later に追加された時。

IFTTT アクション:
Feedly の Saved For Later に追加された記事を、Gmail転送でメール投稿によりはてなブックマークに保存。転送先のメールアドレスに、はてなブックマークの投稿用メールアドレスを設定します(はてなブックマークの設定ページで確認できる)。

はてぶて:
はてなブックマークに保存したページを Evernote に全文保存で転送。

注意点を少し。IFTTT での Gmail のアクティベイト(転送元となるGmailアドレスを認証)は、私は普段使いのGmailアドレスではなくて転送専用のGmailアドレスを用意しました。また、Body を以下画像のように {{ArticleURL}} だけにしておいたほうが良いかと思います。{{ArticleContent}} などを追加すると、はてなブックマークに登録される際に、{{ArticleContent}} が自分のコメントとして追加されます。

スクリーンショット 2013-07-10 21.39.06

以上の設定により、次の流れができあがる。

1. Feedly(Reeder, gReader)でスターをつける(Saved For Laterに追加)。
2. IFTTT の Gmail 転送で Saved For Later の記事が、はてブに保存される。
3. はてぶてが、はてなブックマークに追加された記事を Evernote に転送。

取得もれなどもなく、上手く動作しているのが確認できましたが、はてぶてはEvernoteに転送されるまでに数時間ほどかかるようです。これで Feedly の Saved For Later → Evernote への全文保存が自動化されて、快適なRSSリーダー・ライフになりました。

その他の方法

その他、考えられる方法としては、はてなブックマークの代わりに後で読む的なサービスを使ってもできるかもしれない。Instapaper, Pocket, Readability など。保存した記事一覧のフィードURLが取得できて全文化できれば、はてぶての代わりに Blogtrottr も使えるでしょう。

この場合、後で読むサービスやはてなブックマークで提供されている記事一覧のフィードを fullrss.net などで全文化して、ハテブテの代わりに Blogtrottr を使う流れとなります。Blogtrottr でなきゃだめという方は、こっちの方法でも良いかも。どちらにしろ、Feedly の Saved For Later を取り出すのに最初に IFTTT が必要になるのは同じですが。

具体的には、Feedly → IFTTT → Instapaper → fullrss.net → Brogtrottr → Evernote な感じの流れ。私は試していませんが、誰か上手くいったらコメントやトラックバックでぜひご報告を!

【7/14追記】Feedly → IFTTT → Pocket → fullrss.net → Brogtrottr → Evernote の流れを詳しく検討してみましたが、あまり上手くいきませんでした。詳細は以下記事を参照。

Instapaper, Pocket, Readability の3つの後で読むサービスをざっくり比較 | EasyRamble
Feedly の Saved For Later → Pocket も併用することにした | EasyRamble

ということで、Feedly → Evernote への全文保存は、やはりこの記事で書いたハテブテを使う方法でいきます!【7/14追記ここまで】

iPhone や Android で Feedly 対応のRSSリーダーアプリをお探しの場合は、以下の記事が参考になるはずです!

Google Reader の移行先を Feedly + Reeder(iPhone)+ gReader(Android・Xperia)に最終的に決定した | EasyRamble

スポンサーリンク
開発したサービスを多くの人に使ってもらうには、マーケティングも勉強しないといけませんね。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!