yum clean コマンドでキャッシュ削除・アップデートのチェックと実行 〜 CentOS6

yum clean コマンドでキャッシュを削除して、yum アップデートのチェックと実行を行う方法です。yum によるインストールやアップデートで利用した rpm パッケージやデータのキャッシュ用ファイルは /var/cache/yum に保存されます。du コマンドで確認できます。

スポンサーリンク

du コマンドでで /var/cache/yum にたまったキャッシュ用ファイルを確認しました。

55M溜まっていますね。

このエントリーは、CentOS 6.4 インストール~設定手順の目次 の一部です。

yum のキャッシュを削除

以下コマンドですべてのキャッシュを削除できます。

yum clean コマンドの詳細は以下ページを参照。

yumコマンドを使う

アップデートのチェックと実行

yum によるアップデートのチェックとアップデートの実行は以下コマンドで行います。

セキュリティ関連のアップデートをチェック

アップデートの中でも重要度の高いセキュリティ関連のアップデートをチェック・実行します。セキュリティパッケージが入っていなければインストールします。

セキュリティ関連のアップデートをチェック。

スポンサーリンク
サーバ構築研究会の CentOS 本は、昔からお世話になっています。Linux の教科書は Linux の基本を学ぶのにおすすめです。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!