アンチウイルスソフト Clam AntiVirus のインストールと設定 〜 CentOS6

まずは、Clam AntiVirus をインストール。

スポンサーリンク

このエントリーは、CentOS 6.4 インストール~設定手順の目次 の一部です。

設定ファイルを編集

clamd を起動、ウイルス定義DBAの更新

自動起動になっているかを確認して、clamd を起動。

ウイルス定義のDBが古いので更新してね、だそうです。ウイルス定義データベースを更新します。

ウイルススキャンのテスト

root のホームディレクトリを対象に、ウイルススキャンのテストを行なってみます。

Infected files: 0 とあるので root のホームディレクトリにウイルス感染はありませんでした。次に、テスト用ウイルスをダウンロードしてスキャンテスト。

Infected files: 2 とウイルスが検出され、それぞれ、Removed されています。

cron の設定

clamd パッケージを入れると、 /etc/cron.daily/freshclam にウイルス定義ファイルを更新する cron が作成されていることを確認できます。これで1日1回更新される。

Clam AntiVirus のアップデートやウイルススキャンを cron で定期実行させ(1週間に1回)、スキャン結果をログ(clamscan.log)に保存する。

ログローテーションの設定

ログローテーション設定のファイルを作成します。

以上で、Clam AntiVirus のインストールと設定は終了です。

スポンサーリンク
サーバ構築研究会の CentOS 本は、昔からお世話になっています。Linux の教科書は Linux の基本を学ぶのにおすすめです。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!