logwatchからのメールが来ないと思ったら…

数日前から logwatch からのメール(自分のGmailアドレス宛)が来なくなってしまいました。logwatch は1日1回 cron 実行する設定で、root 宛にメール送信し、root 宛のメールは Gmail の自分のメールアドレスに転送する設定にしていた。この設定については以下あたり参考。

ログ監視ツール logwatch のインストールと設定 〜 CentOS6 | EasyRamble
sendmail をインストールして root 宛のメールを Gmail に転送設定 〜 CentOS6 | EasyRamble

スポンサーリンク

結論から先に言いますと、原因は Gmail の迷惑メールフォルダに logwatch からのメールが全部入ってた…というオチ。Gmail の受信トレイばかり見てて、迷惑メールのフォルダを見てませんでした。なんとまぬけな(苦笑い。

以下一応調査でやったことの記録です。

原因究明までにやった調査

まずは、メールログを確認。

メールのログを見る限り、メール送信が失敗している様子はなく、メール送信は上手く行っている模様でした。

ということで次に、cron に設定してある logwatch 実行スクリプトを手動で実行してみました。

この時、tail -f でメールログを表示させたままにしておくと良い。すぐにメール送信のログが出力されました。

これで、あ〜メールはちゃんと送信されているし、Gmail への転送も上手く行っていると確信できたので、もしやと思いつき… デスクトップで Gmail にログインして迷惑メールのフォルダを調べたところ、logwatch からのメールが溜まっているのを発見した次第です。普段 iPhone で Gmail をチェックしてまして、迷惑メールのフォルダを全然見てなかったのですよね。

logwatch からのメールが迷惑メールに分類されないようにする

続いて、今後 logwatch からのメールが迷惑メール扱いされないように対策しました。

まずは、Gmail の迷惑メールに入っている logwatch からのメールを開き、上部にあるメニューの「迷惑メールではない」をクリック。これで、迷惑メールに振り分けられた logwatch からのメールが受信トレイに移動します。

正当なメールが迷惑メールに分類される – Gmail ヘルプ

上記ページに、正当なメールが迷惑メールに分類されないようにするための対応が書いてある。以下のいずれかの方法。

1. 対象のメールアドレスを連絡先に追加。
2. 対象のメールが迷惑メールに分類されないようにフィルタを作成。

とりあえず、logwatch からのメール送信元(from欄)のメールアドレスを、Gmail の連絡先に登録して様子見です。これでだめだったらフィルタ作ります。

連絡先を作成する – Gmail ヘルプ

logwatch から Gmail にメールが届かない場合は、念の為に迷惑メールのフォルダをチェックしてみられてください!

スポンサーリンク
サーバ構築研究会の CentOS 本は、昔からお世話になっています。Linux の教科書は Linux の基本を学ぶのにおすすめです。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!