WordPressでエントリーが指定したカテゴリーに所属するか判定

このブログでは、英語学習 | EasyRamble というカテゴリーの記事を書いているのですけど、この英語学習のカテゴリーに属するエントリーだけに、Imagict をオープンした告知を掲載したかった。記事一つ一つに追記するのが面倒くさいので、Wordpress のテンプレートを編集して対応しました。

スポンサーリンク

in_category() 関数でカテゴリーを判定

WordPress には、in_category() という関数が用意されているので、エントリー個別記事のテンプレート(single.php)でそれを使う。

関数リファレンス/in category – WordPress Codex 日本語版

single.php

好きな箇所に上記コードを追記。これでOK、目的を実現できた。in_category() には、カテゴリーのIDや名前、スラッグを引数で指定できる。

似た関数に、is_caategory() というのもあるのだけど、これはカテゴリーアーカイブのページで使うのかな?とにかく最初これを使ってたら動きませんでした。

関数リファレンス/is category – WordPress Codex 日本語版

スポンサーリンク
WordPress は人気ナンバーワンのブログ・ウェブサイトの管理ツールです。PHP を使えればカスタマイズできるので、ぜひトライされてみてください。
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!