Mac OS X ユーティリティで mount_afp, mount_smbfs が使えない、Time Machine からの復元ではまった点など

Macbook Air が修理から戻り、いざ Time Machine から復元させようとしたら色々はまりましたので備忘録。事の発端は、以下の Macbook Air のSSDリコールにより、Apple に引取修理を依頼したところ、Mac OS が初期化インストールされて戻ってきたためです。

スポンサーリンク

Macbook Air の SSD が無償交換のリコール対象だったでござる… | EasyRamble
Macbook Air の SSD リコールは引取修理 OK でしたが… | EasyRamble

私の環境では、以下のようにローカルネットワークの WiFi 越しで、TimeMachine のバックアップを行っていました。

Macbook Air → SMBローカルネットワーク(WiFi) → WindowsホームサーバーのUSB外付けHDD

そして、WinホームサーバのUSB外付けHDDの中の、スパースバンドル(sparsebundle)・ディスクイメージに TimeMachine のバックアップを取っていました。

なので最初は、起動、Command + R を押した後 Mac OS X ユーティリティのターミナルから、ネットワーク越し(SMB)に Time Machine のスパースバンドル・ディスクイメージをマウントさせて復元する方法を試みましたが上手くいかず。

最終的には、Time Machine のバックアップが入っているUSB外付けHDDを Mac に直接接続して、無事に Time Machine からの復元ができました。詳しくは以下。

Mac の TimeMachine でスパースバンドル・ディスクイメージのバックアップからシステム復元 | EasyRamble

mount_afp, mount_smbfs が使えない

起動、Command + R を押した後 Mac OS X ユーティリティのターミナルからコマンドを使うことで、ネットワーク上のストレージをマウントさせることができるそうです。そして、ネットワーク上の TimeMachine から復元できる…と。

NAS の Time Machine からの復元は以下のページなどで情報に当たれます。

NASのTimeMachineから復元インストールする | dendrocopos開発室
sakatam log: NASに保存したTimeMachineバックアップからMacを復元インストールする方法
Mountain LionのOSX ユーティリティとNAS TimeMachine – snakazawaブログ

ただし、いずれも mount_afp を使った方法で、私の環境の場合 SMB 越しのせいであるため mount_afp コマンドでマウントができませんでした。調べたら、mount_smbfs というコマンドでマウントできるらしい。

mount_smbfsでmountする – ふってもハレても

実際、Mac にログイン後であれば、mount_smbfs でSMBネットワークのストレージをマウントさせることができます。しかし、起動後に Command + R を押した後の Mac OS X ユーティリティのターミナルからは mount_smbfs がエラーになって使えませんでした。

この時点で、無事に復元できるかかなり不安になったのですが、あーそうだ。WinホームサーバーにUSB接続されてるのだから、それを一旦外して Macbook Air につないでマウントさせれば行けるかも!と思いつき、最終的にはその方法で復元できて無事に事なきを得ました。

Mac の TimeMachine でスパースバンドル・ディスクイメージのバックアップからシステム復元 | EasyRamble

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Twitterを使っていますのでフォローお願いたします!ブログの更新情報もつぶやいてます^^
(英語学習用)

Leave Your Message!